上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
    見たくないものは、見ないふりをした。

    都合が悪いことは、話さなかった。

    聞きたくないことは、聞き流した。

    「見猿」「言猿」「聞猿」


ある時まで、自分にとって不都合な「見ザル」「言わザル」「聞かザル」を

当然のことのように、無理やり檻の中に押し込めてきた。

気が付くと、もう、檻の中には収まらなくなってきた。

そして、今まで無理に押し込み、隠していたものが

次々とあふれ出し、表面化してきた。


その結果、当然

    見たくないものを、「見ザル」得なくなってきた。

    話したくないことを、「言わザル」得なくなってきた。

    聞きたくないことを、「聞かザル」得なくなってきた。


解決困難な問題が、次々に目の前で起こりはじめている。

いい加減に生きてきた、ツケが回ってきた。


今、世の中で起きていることは、けっして他人事ではなく

誰一人、自分と切り離して考えることは、出来ない。。。

私たち、一人一人の「心のあり方」が、世の中に反映されている。

そのことを認めるならば

目の前で起きている様々な現状を

裁けるものは、この世に一人もいない。。。



flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト
 
赤ちゃんは純真無垢で可愛い。

赤ちゃんを見ていると、心が和む。

見ている者の顔まで綻び、なんとも言えない幸福感に包まれる。

名付けて「赤ちゃんマジック」

何ものにも染まっていないから、100%心のままに生きている。

明日の心配をすることもないし、昨日の後悔もない。

自分を守ることもないし、相手を攻めることもない。

痛い思いをしたら、思い切り大声で泣くだけで

やられたから、やり返すということもない。

なんの基準も持ってないから、完全無防備、無抵抗でこの瞬間を生きている。

自分にもそんな一瞬が確かにあったはずなのに

あの100%の素直さは、どこに消えてしまったのだろう。

いつからか「善いこと」(正しい事)と「悪いこと」(してはいけない事)を教えられ

その瞬間から「赤ちゃんマジック」がだんだんと効かなくなってきた。

ただ「存在」するだけで、周囲を幸せにすることが出来たはずなのに

今はその対極の世界で、多くの人がしのぎを削って生きている。

しつけや教育という形で

後から教え込まれてきたものの結果が、今の世に現われている。



 
flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 
私たちは、左右の目でものを見る。

そのせいか、目に映るものを何でも2つに分けて見てしまう。

善悪・苦楽・損得・光闇・勝負。。。。

3次元に生きているのに

頭の中は、2次元の平面世界にどっぷり浸ってる。

この見方を変えない限り、戦いの世界から抜けられないし

どこを探しても、平安なんて見つからない。

2次元の頭のままでは、すべての人が幸せになることは叶わない。

善悪や損得を超えたところに、真実がある。

目に映る形に囚われることなく

なんの判断も入れずに

素直な心の目で、すべてを見通せば

今まで見えなかったものが、きっと見えてくる。



flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人はどれだけ今、この瞬間に生きていられるのだろう。

過去や未来について 簡単に話しているけれど
それはどこにあるんだろう。

「今」この瞬間の自分が基準なら
「今」この瞬間が過ぎたら、それは過去のものとなる。

人は、「今」「今」「今」にしか生きられない。

過去を生きることも、未来に生きることも出来ない。

過去は訂正できないし、次の瞬間なにが起こるかわからない。
 
過去や未来を考えているときは
肉体がここにあっても、思考に羽が生えて心はどこかに飛んでしまってる。

そんなときは「今」に生きていないから
身体だけが取り残されて、まるで抜け殻のように見えるときがある。

「今」に生きる。。。

過去や未来に囚われることなく
「今」この瞬間の自分を100%素直に出し続けること。

その瞬間の連続が「今」に生きることに深く繋がっていくのだと思う。


 
自分の目を通して見た世界は

自分のフィルターがかかった 自分だけの世界。

それぞれの人が その自分色の世界の中で

それぞれ自分勝手に 好きなように生きている。

となりの人と同じ世界を見ていると思っても

それは思い違いにほかならない。

だって 人はいつでもどこでも

自分中心 自分が基準という

都合のいいフィルターをかけて世界を見ているのだから。。。

正確に言うなら

人は 自分の目を通して見た

自分だけの世界しか見えていない。

自分の目を通して見た世界だけが

唯一絶対 『自分の世界』 となる。

人は それぞれ自分の世界の中で生きている。


 
よからぬ出来事に遭遇したとき

「私はなにも悪くないのに・・・」

と 心の中でそっとつぶやいたりすることがある。



私は悪くない。。。 



でも・・待てよ

それって 裏を返すと

= 「お前が悪い!!」 って言ってることになる。



こんな些細な思いが 隣に居合わせた人に及び

それぞれの家族にかかわることになる。

そして それはやがて町にまで及ぶ。

町まで行けば果ては 都市まで及び

都市まで行けば最後には 国単位になってしまう。

ここまできたら もう 『戦争』 だ。



ほんの少しでも

「私は悪くない!!」

と 思ったその瞬間 

その思いの裏に 深く深く潜んでいるものがある。



「相手に戦いを挑んでいる自分が居る」のだ。



ほんのちっぽけな 「思い」 だが

りっぱな 「戦い」 のはじまりだ。


これを信じる。

あれを信じる。

これなら信じられる。

誰々なら信じる。



人はよくそんな言い方をするけれど

何を隠そう・・・・・

人はそう言っている自分を信じているだけなのだ。


たとえ信じられない結果になったとしても

責める相手はどこにもいない。



人生、走り続けることもあれば

と遭遇することもある。

たまには 暴れてれることだってあるし

なんのために生きているのか解らなくなって

立ち止まることもある。。。

そんな時は(原点)にかえって

もう一度 殻をぶち破り

生まれ変わってやり直すことだって出来る。

すべては自分次第。

だから人生は~らんらんらんらん~♪




風の向くまま、気の向くまま、

心の声を記していきます。


| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。