上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社内で、毎日更新される日誌がある。

1日1回、目を通すことになっている。

そこに、過去に起きた出来事が掲載されているのだが

2月17日(火)の日誌には、「ノアの洪水の日」とだけ書かれていた。

大抵は、西暦や年号、時代、もしくは遡っておおよそ何年前頃かの

記載があり、簡単なコメントが添えられている。

しかし、17日は違っていた。

「ノアの洪水の日」のみである。。。


聖書にも書かれているノアの大洪水・・・・

地球に大洪水の洗礼が起き、地球上すべてが水に覆われてしまう。

大洪水など来るはずがないと周りに嘲笑されながらも

神の言葉だけを信じ、ひたすら箱舟を建造し続けたノアの家族8名と

箱舟に乗せた生き物達だけが、命を救われる話はあまりにも有名だ。


ノアの話が事実ならば、私達はノアの子孫と言うことになる。

ノアの時代、神を信じる事が出来なかった者はすべて大洪水で姿を消した。

神を信じたノアの家族が、新しい時代を築き上げた。


目に見えるものしか、信じることが出来なくなってしまった現世の人々。

形あるものは、いつか滅び行く・・・

目に見えるものの中に、価値を見出そうとしても何も見つけられない。

いつの時代にも、変わらないものの中にこそ意味がある。


もしかしたら・・・

現世も、ノアの大洪水前の神を忘れた時代と

なんら変わりはないのかもしれない。。。。。


だとしたら・・・

世界が、ひっくり返るような未曾有の出来事が

明日訪れたとしても、なんの不思議はないのである。。。。。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 同じ思いを持つ者数名、毎週、新宿にて顔を合わせています。
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。  
スポンサーサイト

映画 「地球が静止する日」 に出てくる

宇宙からの使者、クラトゥからのメッセージ

  「この星は死にかけている 人類が殺そうとしている  

  地球の死は 人類の死だ

  だが人類が死ねば 地球は生き残ることが出来る・・・」


その通りかもしれない。

母なる大地、地球は生きている。

地球は、私たちと同じ生命体である。

クラトゥの言葉は、そのまま地球の心の声を伝えているのかもしれない。


私たちは、自分の体に一匹の蚊がとまることさえ拒んでしまうのに

母なる大地には何の断りもなく、平気で杭を打ち込む。

欲の塊に手段はなく爆薬仕掛けて大地がどうなろうと、資源を掘削し続ける。

土地の争奪戦では爆撃弾を炸裂し、平気で母なる大地を傷つける。


目に映る森羅万象すべてを

勝手に自分のものと思い込み、思うが儘にし尽くして

資源にほんの少し手を加えただけの物に商品としての価値をつけ

今やお金が、この世の神としてまかり通っている。

お金の元は資源にあるのに、資源を育む母なる大地そのものには

感謝もなく目もくれず、ただただ資源だけを貪り食っている今の世の有り様。


自分の身体を、生命体である地球に置き換えてみたらいい。

どんな気がするだろうか・・・

地球から奪われたものは、何もない。

地球は人類に何もしていないのに

人類は地球の身体中を痛めつけ、亡き者にしてきたのだ。

今や瀕死の状態かもしれない。

生命体である地球が、ある意思を持って動き出したとしても

私たちは、何も言えない立場にある。

今まで、母なる大地にしてきた事を、自分が受けるしかないのだ。


私が地球生命体だったら、自分を亡き者にされた時点で

もうとっくに、間違いなく天地をひっくり返している。。。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 同じ思いを持つ者数名、毎週、新宿にて顔を合わせています。
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。  

毎日どこかしらで、様々な事件や出来事が起きている。

ある時は、自分には遠い出来事として・・・

ある時は、身近な出来事として勝手に受け止めたりしている。

そして、その状況をどこかで裁いている自分がいる。

自分にとって都合が悪いものだけを、「批判の目」で捉えている。

そして、そんな時は決まって自分を外している。


自分で自分の全体像を、目視する事は出来ないし

自分の寝顔も歩き方も後姿も、リアルタイムで見る事は叶わない。

自分の癖も人に言われるまで気付かなかったりする。

外の世界には敏感だが、自分の事は案外何もわかっていないもので

人に指摘されて気付かされる事が意外と多い。

「批判の目」が働いている時は、自分以外を裁いている時であり

そんな時は、自身の事は批判の対象から完全にスルリと抜け落ちている。


自分を外していくら外の世界を語っても、何も変わらない。

たとえ世界中の人が集まって、今起きている惨状を

何とかしようと試みたところで、現状は何ひとつ変わらない。

自分を外したところで100年語っても、何も変わる事はない。

それぞれが自分を外して、それぞれ外の世界を語っていても

そこからは、何も生まれない。

自分の外を何とか変えようと思っている事自体、自分を外している。

自分を変えることすら覚束ないものが、外を変えられるはずはない。

人は自分の事しか変えられない。

自分の主導権を握っているのは、自分に他ならないからだ。


外の世界を変えたいのなら、まず自分が変わる事だ。

今まで外に向けていた「批判の目」を閉じて

内に眠る「真実の目」を、呼び覚ます事である。

自分の「心の声」を100%信じ、行動し続ける事に意味がある。

自分を外して成しえる事など何もない事を、今こそ知るべきである。





flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 同じ思いを持つ者数名、毎週、新宿にて顔を合わせています。
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。

やりたくないことをしている・・・自分

やりたいことをしていない・・・自分


そう感じたことは、ないだろうか。


なぜ、やりたくないことをしているのか。

なぜ、やりたいことをしていないのか。


その答えは、自分の中にある。

心の底では、わかっているはずである。


自分に守るものがあれば、守っているものと引き換えに

なにかを失うことになる、ということを。。。

握り締めているものが、大きければ大きいほど

また、失うものも大きくなる。


どちらも、ともにエネルギーは変わらない。

最後は、どう足掻いても強制的に 0 となる。


やりたくないことをしている・・・

   本当はやりたくないけど
   〇〇ために仕方なく、やりたくないことをしている・・・

やりたいことをしていない・・・

   本当はやりたいことがあるけど
   〇〇ために仕方なく、やりたいことを諦めている・・・


自分が望んでいることと、現実が違っているならば

自分の思いとは違う現実を、選択していることになる。


「自分には、他にやりたいことがある」

という気持ちが、ほんの少しでもあるならば

今まで心の底に押し込められ、封印されてきた自分の本心を

今ここで、素直に認めたほうがいい。


自分の本心を認めなければ、本当の自分と出会うことは出来ないからだ。

心の奥にいる本当の自分は、一体どこに行ってしまったのか。

本当の自分が、嘘の自分にだまされていることを知るべきである。


自分が、自分の起爆剤となり

守りの世界で生きている、偽の自分を吹き飛ばさなければ

自分の内側も外側にあるものも、真実の目で見ることは叶わない。


本当にやりたいことと、自分が選択している現実とのズレが

どこからきたものなのかを、今一度、見つめ直すときが来ている。


自分を守るために、偽りの自分が本当の自分の周りに

頑丈な守りの殻を作り出し、自らを隔離した。

その結果が、今、目の前に横たわる未曾有の現実。


元の世界に戻るには

殻の中にある偽りの世界から、外に出るしかない。

自分が作り出した守りの殻を払うには

その殻を作った本人が、起爆剤となるしかない。


子供が心に出てきたことを、何の判断も入れずに

そのまま、素直に行動するように

自分が自分に、 OK を出し続ければいいのだ。

自分の直感を信じ、そこに判断を入れずに行動し

自分ですべての責任を負うならば、何をしても OK となる。

その積み重ねが、起爆剤となる。
 

このまま、守りの殻の中に居続けるならば

ますます守りの壁が厚くなり、やがて身動きすらとれなくなってしまう。


今居る殻の外に、真実の世界が広がっている。

自分の殻を打ち破り、自分の中身を空にする。

そこが、自分の宇宙となる。。。



flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 同じ思いを持つ者数名、毎週、新宿にて顔を合わせています。
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。

2月1日、長野県と群馬県の県境に位置する浅間山が噴火した。

吹き上がった火山灰が、千葉県で確認されたという。

今まで10年周期だった浅間山の噴火が

前回の2004年の噴火からわずか5年、かなり周期が狭められたことになる。

桜島でも、昨日から8回の噴火が続いている。


こういうことが起こると、大自然の驚異を思い知らされる。

美しく穏やかに見える山が、そうではなかったことに気付かされる。

充満したエネルギーを、いつまでも密閉状態にしておくことは出来ないのだ。

いつか必ず、爆発するときが来る・・・・・。

エネルギーを溜め込めば溜め込むほど、爆発の威力は凄まじいものとなる。


それは、人の場合にも当てはまる。

今の世の中、不平不満のエネルギーを

溜め込んでいる人たちが、数多く見受けられる。

今こそ、ガス抜きをしておかないと大変なことになる。

すでに、いつ爆発してもおかしくないところまで来ているのだ。


自分の思いの芽を、自分で摘んでいないだろうか?

周りの目を気にして、「いい人」を演じていないだろうか?

そのことで、自分で自分の首を絞めるようなことはしてないだろうか?


自分の素直な思いを、なによりも最優先することである。

自分の思いを、他人の目や常識に捉われずに貫くことが大切である。

自分の思いを形に出来るのは、自分しかいないのだから・・・。


自分がいつの瞬間にも、正直であり続ければ

不要なエネルギーを溜めずに済むし、物事もスムーズに運ぶ。


周りに戦いを挑むのではなく

自分の素直な思いを、ただそのまま出すだけでいい。

心から出てきた思いを、止めずに出し続ければいい。

その結果がどんなことになっても、後悔はしないことである。

後は、その思いを受けた側の問題となる。

大爆発に比べたら、なんてことはないのだ。


自分で自分がセーブ出来るうちに

今まで自分で勝手に作り出して、自らの中に充満させてしまった

重い思いのガス抜きを、今からしておくことである。

そして、子供の頃の素直な生き方に戻ることである。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 同じ思いを持つ者数名、毎週、新宿にて顔を合わせています。
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。