上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の夜中・・・

緑の芝の上で、酒に飲まれた男性が、裸であぐらをかいていた。


大きな声で叫んでいたと言うが

これが「世界に一つだけの花」の歌声だとしたら

通報は免れていたかもしれない。


夜中の人気のない公園内で

「裸」=「わいせつ」の公式を持たない警察官か駆けつけたなら

こんなにも、大事にならなかったかもしれない。


紙一重である。


「裸」を見て「わいせつ」だと意味付けする、その思考を持っているものこそ

自分が「わいせつ」である事を、自ら白状していることになる。


状況そのものは、何の意味も持たない。


これは、本人の自覚なきところで起きた出来事であり

本人の思考の及ばないところで、本人の手をするりと離れてしまった。


自覚がなかったから、すべてをありのままに出せた。

「守り」の鎧は、完全に外れていた。

その中で、その時の自分を、100%素直に出したまでだ。

状況そのものに、善悪は存在しない。


本人にとっては、寝耳に水の出来事だったかもしれないが

ここには、大きな意味がある。


私達は、物心がついた頃から、少しづつ親から「常識」を教えられ

学校教育にいたっては、全員横並びの集団生活を強いられ

社会に出てからは、競争社会の「戦い」を教え込まれる。


こうして外部からの、見えない圧力に耐えるため

知らず知らずに、自分を守る術を身に付けて来た。

今や、自分の一部と化してしまった「守り」の鎧を外すのは

容易なことではないのだ。

でも、この鎧の奥にそれぞれの「草薙の剣」が眠っている。


心の鎧をすべて外して、自らの心を明らかにしたとき・・・・

自分を守るための「守り」の鎧を、すべて脱ぎ去ったとき・・・・

なんの防御もなくなったとき・・・・

なんの隠し事も存在しなくなったとき・・・・


自分の闇のすべてが、光の下にさらされたとき

内に眠る「草薙の剣」が、目を覚ます。


自分のすべてがオープンであれば、自分を守る必要はなく

そこから、闇を見つけ出そうとしても、なにも見つけられない。

よって、家宅捜査も意味がない。


自分をすべてを明かすことが、最大の「守り」となる。

この守りとは、今まで内に眠っていた「草薙の剣」が

トキが来ていよいよ目を覚まし、復活すると言うことである。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。  

スポンサーサイト

自然界はありのままであり、大調和そのものである。

人間界はすべてが人工的で、不協和音が鳴り響いている。

自然界は大調和のみで、いわゆる裏側の闇の世界がない。

・・・・・が、人間界には、表と裏の両方の世界が存在している。


なぜ、裏の世界が出来たのか?

 
これは、個人的な問題に遡る。

すべての人が、隠し事をせず、オープンマインド生きてきたなら

闇の世界は、ひとつとして存在することはなかった。

ひとりひとりの、ほんの些細な、ほんの小さな隠し事が

いつしか大きな闇の勢力を、生み出すことに繋がってしまった。


すべての人が、現存する闇の世界の加担者であることは

逃れようもない事実である。

ひとりひとりの隠し事が、闇の世界を造る引き金となってしまった。

そして、その代償として、人は大調和である自然から遠ざかり

闇の勢力により、「神」が「紙(お金)」に摩り替わってしまった。


自然はもともと大調和そのものであり、裏の世界は存在し得ない。

人もまた、大自然の一部であり、もともと裏の世界など存在しなかった。

はじめから、隠す必要などどこにもなかったのである。

すべての人が、心を開いていれば、どこにも闇は存在せず

今も、大調和の和音が世界中に鳴り響いていたはずである。


今、私達に出来ることは、これ以上闇を増やさないことであり

自分の心の中に、封印し続けてきた

人に一番知られたくないこと、触れられたくないことを

正直に、包み隠さず、オープンにする勇気が必要であり

自分の闇をなくしていく、その誠の勇気こそが

逆に闇の世界を封印していく、真実の光の一歩となるのだ。





flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。  

真実とは、永遠不変なるもので

国や民族や男女や年齢に係わらず、普遍的なものである。


真実とは誠そのものであり、誠以外はすべて偽りのものとなる。

どんなに清く、正しく、生きているつもりでも

心に誠がなければ、偽りの人生を生きているのと同じである。


真実とは、永遠不滅なるもので

世界や宇宙が崩壊したとしても、そこに存在し続けるものである。


真実とは光そのものであり、光以外はすべて闇となる。

どんなに明るく、朗らかに、生きているつもりでも

心に誠を立てなければ、闇の中を手探りで歩いているのと同じである。


真実とは、外にあるものでなく

真(マコト)の実(身)のことであり

自分の中に、はじめから在り続けていたものである。


今も直、自身の中に真実の火種は存在し続けている。

その存在に気付くことが出来るのは、自分を置いて他にはいない。


自分にとっての真実は、全宇宙にとっての真実であり

自身の真実の火種を絶やさなければ、やがて大きな光となる時が来る。


自分の内に、すべてが眠っているのに

外に真実を求めても、やっていることは逆であるから

返ってくるのは、出口のない混沌(闇)ばかりである。


真実の行方は、自分の手の中にある。。。。。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。  

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。