上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「疑問」 → 問うことを疑う → 疑わしいこと


 ・・・疑わしく思う・・・


そもそも、「問うこと(質問)」 を 「疑う」 ということは

自分の中に、この「問い」に対しての、ある基準を持っていた、ということになる。


・・・と、言うことは

「問い」 対する 「答え」 が、すでに自分の中にあったことになる。

だからこそ、疑わしいという思いが、どこからか湧いてくる。


もし、自分の中に、基になるものがなければ

疑わしい思いはどこからも出てこないから、「疑問」に思うことはない。

もともと白紙の状態だったところからは、なにも出てこない。

疑わしく思うということは、すでに「答え」を持っているということになる。


「疑問?」 に思うことがあったら、自分に言い聞かせてみるといい。

『私は「答え」を知っている』 と。。。

疑わしい思いが、どこから来たものなのか、その根っこを辿ってみたらいい。

自分が「疑問」に思ったことのなかに、「答え」がある。


「答え」は必ず、見つけられる。。。。。



flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

<< 生かされている存在 | Home | メッセージ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。