上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙飛行士の若田さんが

国際宇宙ステーションへの、3度目の出発に向けて

「地球はかけがえのない故郷」と、言っていた。


宇宙から見た地球・・・・・


生まれ育った土地から離れると

なぜか、郷愁の念が湧いてくる。

それは、国内にいても、海外に出ても、宇宙に旅立っても

同じことで、根底に流れるその想いは、変わらないような気がする。


国内で、「出身地」を懐かしむ気持ちが

海外では、自分の「国」に対する厚き想いになり

宇宙からは、我が「地球」へのかけがえのない深い想いになる。


想いは、繋がっている・・・・・

どんなに小さな想いであっても、その想いはすべて繋がっている。


暗黒の、深い闇に覆われた宇宙から

ひときわ青く輝く、美しい星を目にすれば

そこには、境など、どこを探しても見当たらないのだ。


もともとない国境を、だれかが作り上げたにすぎない。

人の手によって、作り上げられた狭い囲いの中の

どこかしらで、毎日のように戦いが繰り広げられている。。。


それは、今、形になっていなくても

一人一人が心の中で、「戦いの心」を持っていれば

いつか必ず、目の前に形になって現れる時が来る。。。


自分の瞳に映る、すべてのものが繋がっている。

自分が、どこに存在しようと

なにひとつ、その繋がりを切ることは出来ないのだ。


すべてが繋がっていれば、すべては「ひとつ」になる。


すべてが「ひとつ」であるならば

そこに、戦うことの意味を見出すことは出来ない。


宇宙の果てに立ったとしても、その繋がりは切れない。


宇宙から見た地球・・・・・


それは、まぎれもなく

人類にとって、「かけがえのない故郷」となるのだ。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 同じ思いを持つ者数名、毎週、新宿にて顔を合わせています。
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。
スポンサーサイト

<< 瞳を閉じて | Home | 内なる「心」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。