上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は、自分の持つ基準を確固たる基点と信じ

自分流に組み立てた世界観の中で

他人や目の前の状況や社会を判断している。


自分とまったく同じ容姿の人間が、どこを探してもいないように

自分とまったく同じ考えを持つ人間は、どこを探してもいないはずである。


ならば、本来、「人と違うのが当たり前」であるはずなのに

その自由奔放な思考を封印するため

子供の頃から自動的に、教育と言う集団生活の箱庭に押し込められ

飼い慣らされ、自由な発想の芽を、根こそぎ次々と摘み取られてきた。


集団生活の中で、人と違うことは許されず

横並びのドングリの背比べが、正しいこととされ

自分勝手をしてはならないと、幼少時から教え込まれた。


常に集団で、同じ時間を共有し、同じ行動をし、同じものを食べ

これが正しい、これはこういうものだと、知らず知らずに洗脳されていく。

まるで家畜のように・・・。


自由な思考を封印した、箱庭の中で培われた常識は

箱の中で操作された、箱庭の中でしか通用しない、代物である。


自分の中にある常識や基準が、どこからきているものなのか

考えたことはあるだろうか。


常識は、持って生まれたものではない。

後付で、植え付けられたものに他ならない・・・。


人と違うのが当たり前なのに、時や所で変わる、絶対的基準がない

曖昧で取り留めのない「常識」という言葉に

皆々揃って、見事に嵌まってしまった。


これからは自分の意思で、常識を外していくことである。


自分の思いを頭であれこれ判断するその前に

想いを即座に行動することが、最大のキーポイントとなる。


頭でああだこうだとやっていては、埒が明かない。

ここは、直感がものを言う。

頭でものを言わせる隙を作らない。


「直感」は、ただ「ひとつ」。

「頭」は、どっちかの「選択」。


思いを即、行動に結べるのは、「直感」しかない。




flower shining...ランキングに参加しています。ご協力頂ける方は、1日1回、下のボタン2つとも、ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


  emoji1 お知らせ
 ブログに興味をお持ちの方は、是非、下記のコメント欄よりご連絡下さい。

 お待ちしております。。。

スポンサーサイト

<< 目の前にあるもの | Home | 個々の生き方 >>

コメント

思いつきで検索したら…

はじめまして…。
関西方面からのアクセスです。

わたしは、何十年か昔(多分1995年?)

とある本屋さんで
「人生というゲームの新しい遊び方」と言う本と出会いました。

その内容を見て
「同じ考えだ!」
と思いました。

長谷さんはお元気なんでしょうか?

こちらは携帯からのアクセスですが…
2010年のそちらの活動予定はどうすれば確認できますか?

ふっと、思いつきで検索したら…何となくヒットしました。

宜しく願います。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。